区分マンションに投資するメリットを徹底解剖

紙幣と豚
積み木と紙幣

外せない条件があります

不動産投資をするための区分マンションは何でもよいというわけではありません。人が流入し続けているエリアに所在しているもので、築年数が比較的新しいものを選びましょう。このような物件を選んでおけば、現金がじわじわと積み上がっていきます。

新築は避けよう

マンション

区分マンション投資をするうえで中古物件を選ぶ理由は新築物件よりも収益性が高いからです。新築物件と中古物件の場合とでは、その価格形成の仕組みが異なります。新築物件の場合には、物件が完成し販売するまでのコストを積み上げていって販売価格を決めます。これに対して中古物件の場合には実際の家賃と利回りから売買価格が形成されます。新地物件の場合でも、中古物件に見劣りしないような利回りが掲載されているチラシもありますが、これは想定家賃を高めにしているからです。新築物件の広告で魅力的な利回りのものがあったら、想定家賃が周辺家賃相場と比べて割高になっていないか確認してみましょう。また、中古物件を選ぶべき理由として、もう1つ挙げられることが管理状態を確認することができるという点です。中古物件には必ず修繕履歴があります。管理がしっかりなされているかどうかを実際に確認できるという点は区分マンション投資をするうえで大きな利点と言えます。但し、中古の区分マンションであれば何でもよいというわけではありません。1つの目安として1981年の新耐震設計法施行以後の中古物件を選ぶようにしましょう。新耐震設計法では震度6強以上の地震でも倒れない住宅を前提としています。新耐震設計法施行以降の中古物件を選んでおけば、区分マンション投資における震災リスクをある程度軽減しておくことができます。1981年新耐震設計法施行以降、かつ新築物件ではない区分マンションを投資対象とすれば、リスクを抑えながら収益性の高い運用をすることができます。

レディ

手元資金は残しておこう

不動産投資にはいろいろな形がありますが、初心者であれば、ローンを組んで区分マンションを購入することから始めてみましょう。ローンの返済額を家賃の範囲内に抑えておけば、ローン返済が負担となることもありません。

マンションの絵

実質利回りを計算しよう

区分マンション投資をするのであれば、実質利回りを計算できるようにしておきましょう。実質利回りとは表面利回りに諸経費を加味したものをいいます。表面利回りと実質利回りを比べた場合、諸経費を加味している分、実質利回りの方が必ず低くなります。